滋賀県N社にパットルを納入しました

冷却水槽に浮上油が多量に混入するため、ヤマハ発動機製 油水分離装置パットルを2台 納入しました。

p41700281

外部に設置してある冷却水槽にはヘドロ状態になった浮上油が多量に確認できます。これを回収フロートで取り除き、分離しました。

p4170032施設内にパットルを設置し、浮上油はドラム缶に入れます。満杯になった油分は台車で廃油引取りになります。

p4170033

もう1台は屋内の冷却タンクに設置しました。浮上油は同様にドラム缶に入れます。

動画



 

お問合せ

排水処理でお困りの企業様、まずはお気軽にお問合せくださいませ。

 

TEL 075-932-7220   FAX 075-932-7200

 

>>お問合せフォームはコチラから

 


2009/05/11

Category 導入実績

Tags 

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

WP-SpamFree by Pole Position Marketing


Go Top