三重県N社様 油水分離機導入事例

三重県N社様 油水分離機を導入いたしました。

導入前のデモ機設置の写真です。ヤマハ発動機㈱製PATTOL(パットル)-900

に活性炭ろ過BOXを付けて運転しています。

p90402501

最終放流槽にはかなり濃い油やゴミが浮上しています。フロート式回収ノズルを投入した直後の写真です。

pb190262

運転を開始してから、約20分くらいでPATTOLの表面には浮上油が溜まってきた状態の写真です。

 

p9040252

戻りの水を直接放流槽に返す前に活性炭ろ過BOXを通過させる事で、遊離した油分も吸着できます。白い布のように見えるのは、油分吸着布です。

p9040253

運転後約1時間ほどで、フロート式回収ノズルの吸い込みホースが見えるようになりました。当初500ppmあった、ノルマルヘキサン値は2ppm程度に低減しました。(活性炭ろ過BOX通過後)

p9040251

収納小屋を作り、PATTOL-900と活性炭ろ過BOXを収納した状態です。このようにコンプリートの状態で、お客様に引渡しを致します。

pb190260

pb190266

平成20年12月納入



 

お問合せ

排水処理でお困りの企業様、まずはお気軽にお問合せくださいませ。

 

TEL 075-932-7220   FAX 075-932-7200

 

>>お問合せフォームはコチラから

 


2009/03/11

Category 導入実績

Tags 

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *

WP-SpamFree by Pole Position Marketing


Go Top